6月の定例会は、スマイリズム総合研究所所長の近藤友二先生をお招きして、「笑顔が人生を変える!」をテーマにご講演頂きました。

近藤先生は1985年に1億3千万人の笑顔づくりを目的とする「日本スマイリスト協会」を設立されて「笑顔教室」を開講。
その後、「笑顔しよう!」と呼びかける全国講演で、出会う限りの人々に能動の笑顔の素晴らしさを説く「笑顔伝道者」として活動されておられます。
実際に近藤先生は今年85歳を迎えられるにもかかわらず、青年部メンバーの誰よりも大きな声で挨拶をされ、沢山の笑顔をされていました。

ご講演では、「笑う」ことと「笑顔をする」ことの違いから、何故能動的に笑顔を「する」ことが大事なのかお話し頂きました。
近藤先生ありがとうございました。